2005年10月22日

簿記3級 応用問題1

(問題)
次に掲げる項目を、資産・負債・資本・費用・収益に区分しなさい。

(1)支払手形
(2)買掛金
(3)売掛金
(4)前払家賃
(5)当座借越
(6)預り金
(7)資本金
(8)受取利息
(9)前受金
(10)支払家賃

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簿記3級 応用問題2

(問題)
次のそれぞれに掲げる金額を計算しなさい。
いずれも期中における資本金の直接的増減取引はないものとする。

(1)期末資産300円   期末負債200円  の場合の「期末資本の金額」
(2)期末資本300円   期首資本200円  の場合の「当期純利益の金額」
(3)費用200円      収益300円     の場合の「当期純利益の金額」
(4)当期純利益100円  期末資本300円  の場合の「期首資本の金額」
(5)費用300円      当期純利益200円の場合の「収益の金額」

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

簿記3級 応用問題3

(問題)
次の取引要素の結合関係のうち単一の取引の結果としてはありえないものの番号を示しなさい。

(1)資産の増加 と 負債の増加
(2)負債の減少 と 資産の減少
(3)費用の発生 と 負債の増加
(4)負債の減少 と 資産の増加
(5)資産の増加 と 収益の発生

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簿記3級 応用問題4

(問題)
次に掲げる項目のうち、簿記上、現金勘定で処理するものを選びなさい。

(1)他人振出の小切手
(2)株式配当金領収証
(3)公社債の利札(期限到来分)
(4)郵便切手
(5)自己振出の小切手

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

簿記3級 応用問題5

(問題)
次の一連の取引の仕訳を示しなさい。

(1)現金の実際有高を調べたところ、帳簿残高に比べて120過剰だった。

(2)上記(1)の過剰額のうち70円は、支払利息80円と受取利息150円の記入もれと判明したが、残額は、決算になっても原因は不明だった。

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

簿記3級 応用問題6

(問題)
次の項目のうち仕入勘定で処理されるものの番号をこたえなさい。

(1)仕入先から仕入れた商品を当店に送付してもらうために運送会社に支払った運送料

(2)販売した商品を顧客に送付するために運送会社に支払った運送料(当店負担分)

(3)販売した商品を顧客に送付するために運送会社に支払った運送料(顧客負担分)

(4)商品仕入の際に仲介業者に支払った仲介手数料

(5)商品販売の際に仲介業者に支払った仲介手数料

(解答)

続きを読む
posted by 3級講師 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

簿記3級 応用問題7

(問題)
以下の商品に関する資料により、先入先出法による期末商品棚卸高を算出しなさい。
なお、減耗等は、一切生じていないものとする。

(資料)
【期首残高】
繰越10個 単価10円 金額100円

【期中取引】
4月3日 仕入20個 単価11円 金額220円
5月6日 売上20個 単価15円 金額300円
7月1日 仕入30個 単価12円 金額360円
9月5日 売上30個 単価20円 金額600円

【期末残高】
 個数10 単価?

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

簿記3級 応用問題8

(問題)
以下の資料により貸倒引当金の設定を差額調整(補充)法によった場合の決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)期末勘定残高
【借方】売掛金  1,000
【貸方】貸倒引当金   10

(資料2)決算整理事項等
期末売掛金残高の3%の貸倒れを見積もる。

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

簿記3級 応用問題9

(問題)
以下の取引の仕訳を行った場合、借方の勘定科目が未収金となる取引を選びなさい。

(1)商品を販売し、代金は月末に受け取ることとした。

(2)不要となった備品を売却し、代金は月末に受け取ることとした。

(3)所有する有価証券を売却し、代金は月末に受け取ることとした。

(4)投資用不動産を売却し、代金は月末に受け取ることとした。

(5)営業用車両を売却し、代金は月末に受け取ることとした。

(解答)続きを読む
posted by 3級講師 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

簿記3級 応用問題10

(問題)
次の手形取引の当事者のうち、仕訳処理を行った場合に貸方・支払手形勘定がでてくるものを選びなさい。

(取引)
(1)約束手形の振出人
(2)約束手形の受取人
(3)為替手形の振出人
(4)為替手形の引受人
(5)為替手形の受取人

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

質問掲示板

「日商簿記3級」の内容に関する質問を受け付けています。下記のコメント欄にどうぞ。
posted by 3級講師 at 22:17| Comment(34) | TrackBack(0) | 質問掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

簿記3級 応用問題11

(問題)

次の仕訳を行うべき取引の番号を選びなさい。

(借)買 掛 金××× (貸)支払手形×××

(取引)
(1)買掛金の支払のため約束手形を振出した。

(2)買掛金の支払のため得意先を名宛人とする為替手形を振出した。

(3)買掛金の支払のため自己を名宛人とする為替手形を振出した。

(4)自己を受取人とする為替手形を振出し、得意先の引受けを得た。

(解答)
続きを読む
posted by 3級講師 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。