2005年10月27日

簿記3級 応用問題8

(問題)
以下の資料により貸倒引当金の設定を差額調整(補充)法によった場合の決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)期末勘定残高
【借方】売掛金  1,000
【貸方】貸倒引当金   10

(資料2)決算整理事項等
期末売掛金残高の3%の貸倒れを見積もる。

(解答)
(借)貸倒引当金繰入20 (貸)貸倒引当金20

(解説)
差額補充(調整)法は、期末貸倒引当金の残額と設定額との差額のみの繰入(または戻入)を行う方法です。

本文による繰入額は次のように計算します。

貸倒引当金見積額=売掛金1,000×3%=30

貸倒引当金繰入額=30−貸倒引当金残高10=20
posted by 3級講師 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

貸方
Excerpt: 貸方貸方(かしかた, credit)とは、複式簿記において仕訳(しわけ)を行う場合の右側を指す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikipediaより引用..
Weblog: 会計・財務の基礎用語
Tracked: 2005-12-02 04:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。