2005年10月31日

簿記3級 応用問題11

(問題)

次の仕訳を行うべき取引の番号を選びなさい。

(借)買 掛 金××× (貸)支払手形×××

(取引)
(1)買掛金の支払のため約束手形を振出した。

(2)買掛金の支払のため得意先を名宛人とする為替手形を振出した。

(3)買掛金の支払のため自己を名宛人とする為替手形を振出した。

(4)自己を受取人とする為替手形を振出し、得意先の引受けを得た。

(解答)
(1)と(3)

(解説)
(2)は、(借)買 掛 金××× (貸)売 掛 金×××
(4)は、(借)受取手形××× (貸)○○○(売掛金)×××で、(1)と(3)が(借)買 掛 金××× (貸)支払手形になります。
posted by 3級講師 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 応用問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

約束手形
Excerpt: 約束手形約束手形(やくそくてがた)とは、振出人が、受取人またはその指図人もしくは手形所持人に対し、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券のことである。略称・約手(やくて)。手形にはもう一..
Weblog: 金融の知識
Tracked: 2005-12-04 00:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。