2005年11月27日

電卓の選び方

電卓の選び方といっても、電卓で合否が左右される事はないと思いますので、あくまでも参考です。

(1)3級が目標の方
桁数は、10桁から12桁で、手帳型でないものを選ぶとよいでしょう。
電卓のスピードは重要ではありますが、むしろ、資料をきちんと整理し、正確に電卓をたたく事が重要ではないかと思います。

(2)合格後に1・2級や国家試験を目指す方
桁数は、12桁がよいでしょう。
12桁のものであれば、機能的にも不足することはないと思います。
やや大型のものを選ぶようにしましょう。
メーカーでやや操作が違いますので、最初にしっかりしたメーカーのものを選ぶことも必要かもしれません。
posted by 3級講師 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小道具とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

電卓の使い方

四則演算(+−×÷)が使えれば、合格には充分ですが、メモリーキーを使えるようにしておくと便利です。
メモリーキーは、別の所に一時的に記憶しておくキーです。
電卓に、「M+」、「M−」、「CM」、「RM」というキーがあります。

例えば、2×3 と 2×4 の合計を出したいときは、

2 × 3 = 6
2 × 4 = 8
6 + 8 = 14

とやると時間がかかるので、

2 × 3 M+ 2 × 4 M+ RM =

で14が出ます。

慣れると便利です。

「CM」(クリアメモリー)キーで、これまでの記憶が消去されます。
メモリーキーを使う前には、いったんメモリーをクリア(CMキー)する習慣をつけた方がよいでしょう。
posted by 3級講師 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小道具とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

間違いノート

間違えた内容を簡単にでもまとめておくことは、とても有効だと思います。
典型的な仕訳で間違えやすいものを一覧にして、持ち歩くなんていうのもよいです。

間違いノートやカードを作るのもいいでしょう。
テキストに印(マーカー)をするのもいいと思います。
ただ、問題の解答や解説に印をするのは、あまり感心しません。
間違えた問題を持ち歩くならともかく、通常は、もう一度その問題を解かない限り、解答・解説も見はしないのです(コピーしてノートに貼る・挟むなんてのは、グット)。
間違いノートやテキストは、普段持ち歩くというのがいいです。
そして時々見返す。
効果は、極めて高いです。

ただし、これらが単なる作業になってしまっては効果は薄いでしょう。
間違いノートをつくることそのものが目的ではありません。
間違えた箇所を把握し、再び間違えないようにすることが目的ですから。

皆さんは、どのような工夫をなさっているでしょうか。
posted by 3級講師 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小道具とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。